おいしいは正義!海外生活には自炊がオススメ

Pocket

私も海外ベトナムで働く1人ですが、自分を強力にサポートしてくれているものがいくつかあります。

Cookpad

その一つは、クックパッド。
私は有料会員をお薦めします。
(俄然頻繁に使いたくなるので)

それに加えて料理未経験な方は、youtubeなどで、切り方、茹で方、焼き方など料理の基本を解説している動画を見てみましょう。

R 2015 05 19 1945

食べ物に全く興味が無く、1年中朝昼晩インスタント麺でOKという人も知ってますので、万人に対してと言うわけではないのですが、海外では一般的には、日本人が食べたいものは簡単には食べられません。

ホーチミン市は、美味しい日本料理屋や、その他外国料理も多く、外食には事足りませんがそれでも、毎日ではコストがかさみますし、日本食レストランに依存した生活という事は、住む場所も限られます。同じ生活環境でも家賃は高くなります。

R P1040991

まずは、citymart(ホーチミンの主要スーパーの一つ)でも買えるようになったトップバリュー(イオンのPBブランド)で、日本食の基本素材を格安で揃えましょう。

依然は高くて手が出なかったものも、手軽な値段で売ってます。醤油、味噌は当然として、みりん、料理酒は必須です。無くても食べられますが、これを使えば、俄然味が和食っぽくなるのでお薦め。

ほかにも、パン粉とか小麦粉とか、凝った自炊をしない人にとっては普通使わないものも、手軽に買えます。
ベトナムに来たのを機会に、とんかつとか、唐揚げとか、えびの天ぷらとかいかがでしょうか?

Img 0
テナガエビ

ベトナムでは国産牛肉はマズイですが、豚肉、鶏肉は日本のスーパーの一番安いやつに比べると、むしろ美味しいですし、海老は例えば日本では高級な「テナガエビ」とか「本物の車海老」とかが、普通に買えたりします。

あとは、ダシ系も便利ですね。浅漬とか作っておくと、何かと便利です。

外にも、和食以外の基本材料、例えばイタリアンであればパスタ、オリーブオイル、トマト缶だとか、中華料理ならば、豆板醤、甜麺醤、豆鼓醤、オイスターソース、インド料理ならば、ターメリック、コリアンダーパウダー、クローブ、シナモン、カルダモンだとか、全部ホーチミン市内でリーズナブルな価格で揃います。それに、フライパンと鍋と包丁ぐらいですね。あと必要なものと言えば。

一旦仕入れたら、後は近所のスーパーや市場で野菜や肉を買い、クックパッドで食べたいものを検索すればOK。
市場の野菜は滅茶苦茶安いですし、スーパーも結構色々品揃え良い所もあって楽しいですよ。

また、忙しい方は週末に野菜を茹でて、冷凍しておくと上級者。健康的で経済的で美味しい生活が待ってますよ!

▼関連記事:ギュっとコンパクトな輸入食材店「Phuong Ha」@ホーチミン1区が便利すぎる件

Pocket