【ベトナム】バイクに乗るメリット・デメリットまとめ【交通事情】

Pocket

ベトナムでの移動手段は主に4つです。
※まともな電車がありません。

・徒歩
・バイク(自分で)
・バイクタクシー
・タクシー(車)
・バス

徒歩は、移動範囲が限られるので本記事ではスルーします。(歩行者優先ではないので気をつけてください!)
バスも、ベトナム語できないと困難のためスルー。
バイクタクシーも、ぼったくり多い運転が荒いタクシーと値段がそんなに変わらないという駄目づくしなためスルーします。

となると残りはタクシーです。
お手頃料金快適安全なため、バイクに乗る必要はないかもしれませんが、難点として渋滞時は遅い、運転手の質にバラつきがある、バイクに比べると高コストのため、在住者の中には自分でバイクに乗る方もおり、筆者もその1人です。

「バイクは危険だから絶対乗るな」との声も多数あり、実際どうなん?って話を本記事では取り上げていきます。それでは以下、ベトナムでのバイク利用についてメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・移動が楽ちん
ベトナムにはバイクが約4000万台(人口約9000万人)もあると言われております。
故に、全ての道路はバイクに最適化しています。

R r P1040057

写真のような大きな道路だと車とバイクと分けられており、車との接触に怯えることなく進めます。一方通行が多いため、道路を覚えればスイスイ進めます
バイクだと右折は赤信号も通れるのも大きな利点ですね。

・パーキングが楽勝

R r P1040421

どこにでもバイク駐車場があります。
ベトナム語では「GIU XE」です。
料金は3,000VND〜1万VND(約15円〜50円)程度と安い。
1日以内の駐車であれば値段はそこまで変わりません。

利用方法はカンタン。指示があれば指定の場所に駐車し、駐車券を受け取るだけです。
ベトナム語ができなくてもジェスチャーでOKです。

R r IMG 7924

また、歩道にも駐車場がたくさんあります。利用方法は上と同じ。
ちなみにこれは不法占拠だそうです笑

・どこでも修理できる!

R r P1040301

街を見渡せばどこにでも修理屋があります。
便利と言えば便利ですが、路上にあるお店は質の悪い店が多いので、緊急時以外は利用を控えましょう。
店によって腕前や相場にバラつきがあるので、いち早くお気に入りの店舗を見つけるのも大事です。

ご参考までに僕の経験上での相場をば↓
・タイヤ空気入れ・・・1万VND(0.5$)以下
・バンク修理(穴をふさぐ)・・・3万VND(1.5$)前後
・バンク修理(空気袋の交換)・・・10〜12万VND(5〜6$)
・オイル交換・・・〜10万VND(〜5$)

デメリット

・事故のリスクは絶大

R IMG 7923

そもそもバイクというものは事故に弱いものです。
日本の統計では死亡率は車と比べ5倍もあります。
その上、ベトナムは交通ルールを守らない方もおり、交通事故での死亡率は日本の3倍と言われております。

また、もしもの時の救急車も日本のようにすぐに駆けつけてくれません。
郊外だと1時間かかることもあり、到着した際には手遅れになる可能性もあります。。。
しかもベトナム語しか通じず、外国人は呼ぶのに150$かかります。
※救急車の電話番号は115です。

↓関連記事↓

交通警察が多すぎ

市内外とベトナムの交通警察の取締は圧倒的に多いです(^^;)
捕まるとフツーにテンション下がります。。。

↓関連記事↓

・雨季がつらい、暑気はあつい

216348 213996505293901 4772733 n

乾季は心地よいですが、雨季(6月〜11月)は雨が多く、スコールが来た時は最悪です笑
運悪く雨宿りができなかった時は雨カッパ着用するも虚しく、全身ずぶ濡れになることも(^^;)
逆に暑気(4〜5月)は暑さに耐えかねる時もあります。。

・意外とお金がかかる
もちろんタクシーより安いのは当たり前ですが、ガソリン代は日本と変わらない上、バイク自体が意外に高いです。

■新車:中国メーカーでも10万円弱で日本メーカーだと10〜20万円です。
特に250CC以上とかだとそもそもベトナムで生産してないので日本の2倍くらいします(_ _;)

■中古:店舗だと3〜8万円です。
ベトナムの中古自体が劣悪なものが多く(エンジンだけ偽物など)、安く買っても壊れまくって修理費が高くつくこともあります。

運良く、日本人の友人からお下がりを売ってもらえれば2万円くらいで手に入ることもありますので友人に聞いてまわるのもありです。

・衛生面もつらい

R r IMG 7898

排気ガスや土埃が多く、顔がかなり汚れます。
気管が弱い方だとマスクしても喉が辛そうな方もたまにおります。

女性の方だと雨が降れば化粧も落ちてしまいますし、ヘルメットで髪もボサボサに。。。
ベトナムの女性がノーメイクで黒髪ロングが多いのはこういった事情があるからかもしれません。

まとめ

ベトナムがバイク大国である以上はバイクが便利なのは明らかですが、
日本とは環境もルールも違うので日本人が乗ると危ないのも明らかです。
死亡事故は郊外がほとんどではありますが、市内でもバスにひかれ亡くなった日本人もおられます。

最近、学生の方やベトナムに来たばかりの方で危ない運転をしているのをよく見ますので、やや辛口に書かせていただきましたが、十分にリスクを考えてのご利用をおすすめいたします。

投稿者プロフィール

室井 匡人
ベトナムでキャリアアドバイザー6年目のコンサルタントです。当サイトの母体である人材紹介会社「 平衡舎」を運営しています。
ベトナムでのバイク走行距離は30,000kmを超えておりますので、文字通り足で稼いだ情報を提供して参ります!大好きなベトナム情報を伝えることが好きなので、お気軽にコンタクト頂けると嬉しいです!
Pocket