【ベトナム就職】入社時の給与は高ければ高いほど良いとも限らない

Pocket

ベトナム就職だけでなく、一般的にも言える事ですが、初めてベトナムで就職する方には特にお伝えしている点です。

一時的な待遇に固執しない

R 102134

入社時給与が相対的に高ければ、それは当然会社からの期待も高まります。しかし、慣れない異国で直ぐに成果が求められるのは精神的プレッシャーとしては大きなもの。結局残業が多くなったり、自宅に持ち帰りの仕事が多くなり、実労働に対する給与は思っていたほど割のいいものでは無くなります。

私は、専門技術や経験を買われて入社される方には、妥当でない給与が提示されていると思えば粘り強く交渉する事をお薦めする時がありますが、そうでない方に関しては、給与交渉はやめた方がいいですよ。とアドバイスする事も多いです。

働きやすさや評価を狙うべし

名称未設定 2

現地採用として働くので、面接官が直属の上司になる可能性も高いですし、現地社長との距離も近いです。「彼は面接時に給与交渉してきたな」という印象は、以外と印象に残っているものです。腕一本で世間を渡り歩く覚悟がある方はいいですが、やはり人間社会の中で持ちつ持たれつ成果を出していく事が多いので、最初から人間関係における足かせは履かないほうが有利でしょう。

また、給与を払う側の立場になれば、安い給与で一生懸命働いてくれる人、というのは何よりもカワイイものです。悪気無くても人間身勝手ですからね、基本。それで、キチンと成果を出していけば必ず「いつも悪いなー」「早めに昇給させないと、他の会社に取られちゃうかもなー」というプレッシャーが上司には生まれてくるものです。

当然ですが、入社初年度は最も成果が出しにくいので、(異国で新しい人間関係の会社で、100%の力を最初から出せると思うのは楽観的すぎるでしょう)入社半年間〜1年間は時間稼ぎをしつつしのぐ。これが安全です。

最後に

ベトナムの現地採用で、高度な専門分野ドンピシャのキャリア採用を除いて、始めは高いサラリーは普通出ません。生活費が安い割には、海外としては不自由が少なく、日本に比べて低い給与でも充分にマトモな生活ができるから、という理由が大きいでしょう。

初めての方は1500$〜2000$、経歴を評価される人も2500$前後で採用される方が大半です。そういう中で、入社時給与1500$を何とか頑張って交渉して1700$スタートにする熱意は捨てましょう。その200$を上げた所で、どれだけあなたの人生が良くなるんでしょうか?生活面の工夫だけで充分吸収できますよ。(皆様の為のお得情報は、今後も当ブログで随時掲載していきますので、参考にしてくださいね!)

1500$で入社した後、3年後に3000$を目指す方法ならば、色々と私からもアドバイスできますし、生産的だと思いますがいかがでしょうか?

―――――――――――――――――――――――――
ベトナムへの転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.vn-walker.info/candidate-form/
―――――――――――――――――――――――――

Pocket