【コラム】ベトナムのコーヒー文化

Pocket

cafesuada

 

ベトナムのコーヒー文化

ベトナムの街中に数限りなくあるコーヒー屋さん ベトナム人はよくコーヒーを飲む。
ベトナム人にとってコーヒーは生活の中に必要不可欠なものです。
元々 フランス植民地時代にはじまったコーヒー文化はその後独自の進化をとげてベト
ナムコーヒーという分野を作っています。

 

Café sua da カフェスアダー

 

サイフォン

ベトナム人がもっともよく飲むのはカフェダー(コーヒーに氷)です。ブラックの砂

糖入りですね。私はカフェにスー(牛乳)そしてダー(氷)をよく飲みます。練乳がは

いったコーヒーミルクですね。

ベトナムでは暑いせいか主にアイスコーヒーが好まれているようです。
作り方は、まず アルミでできたフランス式のフィルターにコーヒーをお湯を注ぎ入れ

抽出します。コップには山盛りの氷 そこにコーヒーを入れてコンデンスミルクを入れ

てのみます。独特の濃ゆい甘いコーヒーの出来上がりですね。

コーヒーが濃い目なので大体コップの半分程度しかならないので 濃ゆいのが苦手な
人は水やお茶を入れて少し薄めましょう。
大体のお店はコーヒーとお冷代わりのジャスミンティーを出すのですが これをコーヒ

ーを薄める時に入れると不思議とあいます。

 

カフェスーダーは一杯70円から100円程度です。

日本では主に香りの強いアラビカ種が飲まれますが ベトナムは主にロブスタ種を飲む
人が多いですね。アラビカは香りと渋みを楽しむものでロブスタは味を楽しむコーヒー

です。

 

ベトナムは日中は毎日暑い日々が続きます。11時ごろから2時ごろまでは一日の中で非

常に暑く強烈な太陽の日差しが照りつけます。

そんな時は日陰の露天喫茶店の小さい椅子に座り疲れた体を癒やします。ホーチミンでも

少し郊外に行くとハンモックが備え付けられた喫茶店もあり お昼寝する人も多いです。

おとなりの中国にはこのようなコーヒーを飲む文化はありません。やはりフランスの教

えが大きかったのでしょうか?コーヒーを飲む文化はその後のベトナムの発展に大きく関

係していきます。
コーヒーを飲む楽しみは味を楽しむ以外に コーヒーを飲みながらいろんな事を考えたり

先の事を空想してみたり物思いにふける事ができます。

ベトナムの強い日差しをあびて疲れたら 路肩のカフェでベトナムカフェもいいですね!

投稿者プロフィール

岩川進一
はじめまして 日本では主にメディア関係の仕事に従事してお
りました。九州育ちですが ベトナムの暑さにはヘロヘロにな
りながらも日々楽しく暮らしています。ベトナムの前は10年
中国の北京におりました!よろしくお願いします。
Pocket