【人事評価】ベトナムでの評価・昇給のポイント6つ

Pocket

どうも!今回はベトナムで人事評価権を持つマネジャーや経営者の方に、基本的な評価制度の流れと、ベトナムならではの人事評価(昇給・査定)のポイント6つを紹介させていただきます。

そうでない方でも評価する側の視点としての記事ですのでぜひ御覧くださいね☆

ベトナムでの人事評価の意義

通常は待遇の決定が目的のように思われますが、それだけではなく、企業のビジョンや経営方針・目標の明示を行う事も意義としては重要であり、目標をイメージすることで社員の人材育成に繋がったりと、意外に重要な事項ではあります。

また、ベトナムにおいては、外資系企業から高額オファーで引き抜かれるリスクや、昨今は日本国内へ転職する方々も激増しているため退職のリスクが増えております。給与の市場バランスを考慮し、社員に納得される評価・昇給が重要となります。

人事評価の流れ

評価制度の大枠の流れは下記の通りです。


▼引用:人事評価の基本と流れを解説!部下の力をのばす評価の仕方とは?/LISKUL 

あらかじめ評価基準を作っておくことや、設定された目標を社員にしっかり伝える点が重要なのですが、ベトナムへ来られたばかりてんやわんやされている方もいらっしゃるのではないでしょうか…?!

本記事では、評価時の注意や、評価の仕方についてポイントを絞っておりますので、評価の時期直前の方々にも有益な情報となっております。

人事評価(昇給・査定)のポイント6つ

それでは本題です。ベトナムならではの気をつけるポイントについて説明していきます!

1.評価時期はだいたい旧正月前の1〜2ヶ月前


例外もありますが、だいたいは年末12月中に評価面談が行われ、昇給額の決定は遅くとも旧正月(テト)までに決定されることが多いです。

商慣習ではあるのですが、理由としては、ベトナムの方々は旧正月までにもらったボーナスで買い出しを行い実家に帰省するためです。ボーナス額の決定は昇給の時期と併せた方が企業にとっても効率的だからです。

2.自己評価が高い点に注意


ベトナムの方々は自己評価が高い上、少しでもできたら『できる』と思う傾向
があります。

よって、例えば自己評価シート等においては、ほとんどの項目で『できた』と記載されるケースが多いです。

故に、数字を使う等して定量的で明確な指標を置くことによって、適切に評価をする必要があります。

3.評価基準は数字がオススメ!


2.にも説明した通り、
指標は具体的に作り、数値化することをおすすめします

例えば、遅刻率、売上実績、提案回数、目標達成率など…

逆に数字を用いず、定性的な評価のデメリットは、好き嫌い等の感情や、評価者の得意不得意を当てはめてしまったりと誤差がでてしまいます。

とはいえ、定性的・直感的な評価も大事ですので、バランスをみて評価できるとよいですね。

4.最低賃金の上昇率は最低ラインとみる


ベトナムでは、毎年の経済成長と共に物価や最低賃金が上がります。その上昇分については、自分の能力に関わらず、昇給されて当然と思われることが大半です。

よって、例年の最低賃金上昇率はマークしておく必要があります。

尚、2019~2020にかけての最低賃金上昇は5.5%前後ですので、評価が高い社員へは最低5.5%から昇給を加算しなければなりません。
弊社統計によるベトナム日系企業の平均昇給額は7~8%でした。

5.昇給額は社内でバレる事を想定して決める!!


ベトナム人社内の中で、昇給額やボーナス額はほぼ社内でバレます
なぜなら、日本ではなかなか無いと思いますが、ベトナムでは、社員同士でシェアすることが一般的だからです。
シェアされる事を想定し、それぞれの社員にとって納得出来るように設定することをオススメしております。

6.他社情報や経済状況を参考にする


他社情報については、我々人材紹介会社が掲載している給与情報に加え、ネット上の求人サイトに載っている情報や、大学OB会や県人会などで出会う方々に直接聞いてみる等の方法があります。

経済状況については、下記のオススメ記事等もご覧ください。

■経済の記事:【2019年版】ベトナム経済の最新状況と今後の見通し|米中貿易戦争の影響色濃く

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ベトナム日系企業の人事関係者の皆様にとって悩ましい時期ではありますが、当サイト運営会社である「平衡舎」ではベトナムでの人材紹介業だけでなく、人事労務のコンサル(人評評価制度の作成・見直し等)も随時行っております。

人材紹介業を通じ手取り足取り得た情報や事例を元に、最適なコンサルティングを提供させていただいております。いつでもお問い合わせくださいませ。

お読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

【2020年版】ベトナム南部日系企業の昇給率【予測】

投稿者プロフィール

「平衡舎」情報発信局
「平衡舎」情報発信局
ベトナム含む海外で就職する上での実体験やご注意点など書いております!インスタも更新しています!
Pocket