ロックダウン後のベトナム生活事情まとめ(食事・住居・仕事・旅行等)【随時更新】

こんにちは!ベトナムウォーカーズを運営している平衡舎の奥田です。

ベトナムでは9月に本格ロックダウンが終わり、無事に生活が再開した様ですがいかがお過ごしでしょうか。

本記事は下記の方に向けて執筆しています。

・主にベトナム国外在住者の方で、ロックダウン後のベトナムについて知りたい方
・ベトナムへ転職したい方

ベトナムに友人やご家族がお住まいの方にとって参考になりますと幸いです!


※私はホーチミン在住のため、ホーチミン在住者目線の構成になっております。

①【食事】:店内飲食orデリバリー/自炊?

 

調査期間:2021/11/01 16時頃〜2021/11/03 16時頃 ※ベトナム時間
調査方法:Twitterでベトナム在住者に向けてのアンケート形式 ※無記名
投票数: 79票

『これからどの様にお食事をしていく予定ですか?』

【投票結果】

毎食レストラン・・・・・・・・・・・・11.4%
週の半分以上はレストラン・・・・・・・15.2%
週の半分以上はデリバリー/自炊・・・・・31.6%
引き続き毎食デリバリー/自炊・・・・・・41.8%

【考察】

合計70%以上の方々が週の半分以上はデリバリー・自炊、或いは毎食デリバリーを選ばれました。

参考までに、もし私が上記アンケートに答えるとしたら、『週の半分以上はデリバリー/自炊』を選ぶと思います。

理由は下記です。

・ロックダウンで家での食事が心地よく感じる様になった。
・本当に大事にしたい物事に時間とお金を割きたいと思うようになった。

もちろん、信頼できる人との心地よい時間は大切にしたいと思っているので、必要に応じて店内飲食も楽しんでいきたいなと思っております😊

●ホーチミンのおすすめの飲食店・デリバリー

☆飲食店☆

ベトナムウォーカーズでは飲食店についてご紹介している記事が120記事以上ございます。
飲食店選びに悩まれている方はぜひご覧ください😊

レストランに関する記事一覧

☆デリバリー☆

多くの飲食店でデリバリーも引き続き行われてます。

下記記事は私のオススメのデリバリー店舗のまとめです😊

【デリバリー再開】ホーチミンOL女子が選ぶ、おすすめデリバリー5選♪

②【仕事】:ベトナムの通勤事情

これは各国に置いてその様な形かとは思いますが、企業方針というよりかは、業界によって顕著に分かれている状態です。

実情については、先日ベトナム在住者の方にアンケートを取らせて頂きました。
ご興味のある方はぜひ下記記事を御覧ください。

【ベトナム】通勤?リモートワーク継続!?【現地リアルの声】※2021/11更新

③【転職】:ベトナム国内の転職事情

転職できます!
原則外出禁止令が発令されていた頃に比べると求人増、面談の機会も増加しています。

また、日本人・ベトナム人問わずやむを得ない帰国や帰省に伴う退職者に対する欠員補充も微増中です。

詳しくは、転職希望者の方々へ向けた記事をご覧ください。

【ベトナム転職】コロナでも転職できるの?(現地人材会社がリアルをお届け)※2021/11更新

 

④【住居】:ホーチミン市内の引っ越し事情

先日(11/2)、日系不動産屋の方とお話する機会をいただき、現状について教えていただきました。

・ホーチミン市内の引越は可能
家賃は下がっている物件もあるが、ロックダウン直後の9月ごろに比べたら上昇気味
・引越しの際にグリーンカード(ワクチンを2回摂取した証明書)の提示は基本不要

⑤【旅行】:ホーチミンからの旅行事情

先日(11/2)、日系旅行会社の方からお話をする機会をいただき、現状について教えていただきました。

・ホーチミン在住者が、ホーチミン市内のホテルに宿泊する事は可能。
 └ワクチン接種の証明書、或いは陰性証明書が必要

・ホーチミン市外の宿泊も条件を満たせば可能。(例:バリアブンタウ省など)
 └行先での行動制限有り(例:ホテルのみいることができる、等)

●ベトナム国内→ベトナム国外への移動について

各国が定めた諸条件を満たせば、ベトナム→海外への旅行も可能です。

・タイ
・ロシア
・モルディブ
・フランス

また、ワクチン接種が完了したベトナムの方は下記の国にも入国できます。

ギリシャ、アフガニスタン、アルバニア、アルメニア、ブラジル、ボツワナ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ベリーズ、ブルガリア、ブルキナファソ、カーボベルデ、エクアドル、エジプト、フィンランド、ジョージア、モルドバ、モンテネグロ

更に11月8日からはアメリカへも入国が可能です。(諸条件有り、自己隔離推奨)

また、下記国に対しては、ワクチン接種状況や陰性証明書などは不要です。

・コスタリカ
・コロンビア
・ドミニカ共和国
・メキシコ

参考:”Countries waive quarantine for Vietnamese travelers”|November 2, 2021 | 03:00 pm GMT+7 VnExpress

 

●日本→ベトナムへの移動について

諸条件を満たせば日本からベトナムへ入国可能です。

詳しくは下記記事をご覧下さい。

コロナ入国規制中における日本からベトナム渡航について【まとめ】※11/17修正

 

⑥【運動】ホーチミンでのジム・運動施設も徐々に入場可能

ホーチミンでは主に運動できる施設としては下記となります。

☆公園

ロックダウンが厳しかった際は、公園すら柵が張られ入ることが出来ませんでした💦

しかし、市内の公園の柵も徐々に減り、只今は徐々に入場できるようになりました。

☆スポーツジム

ホーチミン市内では、レジデンス内にあるスポーツジム、或いは独立したジムで運動を楽しむことができます。

ほぼすべてのスポーツジムで運営が再開され、一部のレジデンスではグリーンカード(ワクチンを2回摂取した証明書)の提示は不要の場合もあるそうです。

【疑問】 ワクチン未接種者は今後どうなるの?

例えば飲食店での食事について、グリーンカード(ワクチンを2回摂取した証明書)というワクチン接種を証明するアプリを提示しないと、飲食店に入店することができない、という情報もありましたが、現在はグリーンカードが無くても飲食店で食事ができる状況です。(2021/11/04現在)
※店舗によってはグリーンカードの提示を求められる事もあります。

今後の方針については随時、確認を取っていく必要があるかと存じます。

【参考】ロックダウン時のホーチミンの様子について

コロナ発生〜ロックダウン終了(2021/9末)までのベトナムでのコロナ事情の変遷ついては下記記事にまとめております。

【2021/09/30一部更新】ベトナム・ホーチミン在住者目線によるコロナの規制事情まとめ(今が耐え時)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はホーチミンでの規制緩和に伴う生活事情についてまとめてみました。

規制が徐々に緩和され、楽しめることやできることも増えただけでなく、ビジネスチャンスが広がっていることを徐々に感じております。

ベトナム・日本だけではなく、少しでも早く世界全体の経済回復を願いしめくくります。

読んで頂きありがとうございました。

 

投稿者プロフィール

奥田 梨紗
奥田 梨紗
記事をご覧いただきありがとうございます♪
ベトナム・ホーチミンの人材紹介会社 平衡舎で勤務してます。
特技は、競技ダンス(社交ダンス)です。現地の競技会にも出場してました。
ダンスのおかげで沢山のベトナム人の友達ができました☆
ベトナム語も勉強中です。
ベトナムに住んでいないと分からない様な情報も発信してます。
よかったらSNSのフォローもどうぞよろしくお願いいたします(*^^*)